3歳でもあるイヤイヤ期!3歳までの子供の接し方で一生が決まる

2歳のイヤイヤを通ろ過ごしたら、今度は悪魔の3歳といわれるイヤイヤ期。ママとしては、この子供のイヤイヤにどう対応してよいのか分からずストレスばかり。

「誰にも相談できる人がいなくてノイローゼになりそう」そんな人の為達の為に3歳のイヤイヤ期の事について書いています。上手にイヤイヤ期を乗り越えられたら幸いです。


3歳にあるイヤイヤ期とは?

2歳のイヤイヤという言葉はよく聞きますが、3歳にもイヤイヤ期があり、本格的な第一次反抗期とも言われています。子供によって個人差もありますが、3歳になると自分の意思もしっかり持っているし言いたいことも言葉で上手に表現できます。

誰もが通るイヤイヤ期には子供の成長の過程なので心配する必要はありません。むしろ、イヤイヤ期がある事でママ達は喜ばないといけないのです。

なぜ、子供がイヤイヤ期とするのかは、自分の気持ちや行動をコントロールしようと学んでいる為にあります。自分の気持ちが伝わらなかったり、自分の思った通りに行動が出来なかったりする事でイヤイヤと怒ったりするのです。

イヤイヤ期の子供の接し方

どのママも、子供のイヤイヤというのに付き合ってばかりいるとストレスが最大になって普通に怒れなくて怒鳴ってしまう事もありますが、ストレスを抱えないようにして子供に接する事が一番なのです。

ママ自身が、自分の時間を持つようにして下さい。パパに土日は育児の参加をお願いして、自分を大事にしましょう。そうする事で子供のイヤイヤにも余裕をもって付き合えます。

もし、イライラしている時に子供がイヤイヤと言い出した場合は、深く深呼吸をしてその場を立ち去りましょう。

子供がなんでもやりたがってり、人の物をほしがったりします。そんなときは、子供の意思をしっかり受け止めて「そうだね。自分でやりたいね。」とできなくてもやらせてあげましょう

人の物をほしがったら、「ほしいね」「わかるよ」と子供の気持ちを理解している事を言葉で示してください。

子供の接し方が3歳までが、とても重要です。3歳のイヤイヤにもしっかりと向き合っていかないといけないのです。

しっかり向き合おう!魔の3歳児と

日がたつにつれて、子供も成長してくるのはうれしいのですが、同じように子供のイヤイヤが激しくなるような気がして気が狂いそうになる。そんなママもいるでしょう。

そのたびに子供にお仕置きをしてしまったり、怒鳴ってしまったり自己嫌悪になりますが、どのママも同じような経験をしてきています。

子供はママをよく見ています。ママがしっかりしていないと子供も成長しません。三つ子の魂百までという言葉がある通りに、3歳までに子供の性格が決まってしまいます。

子供の自立の手助けをするのがママの役目です。だから、自信をもって子供のイヤイヤに向き合う事が大切です。

知っていますか?家の中でママが笑っていると、不思議とパパも笑顔になり子供も笑顔になるのです。反対にママがイライラしているとみんながイライラします。

それぐらいママには強力な力があるのです。だから、3歳のイヤイヤにも自信をもって切り抜けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ