イヤイヤ期子供の反応は?とにかく悲しみや怒りを全面に押し出してきます!

子供が生まれて、ようやくその生活も慣れてきて子供の笑顔や寝顔が天使のように思え、こんな私でも子供と一緒に幸せなひと時を過ごせるんだとしみじみ思いました。

がしかし、そんな余裕のある時間もつかの間、先輩ママの「2歳近くになると魔のイヤイヤ期がはじまるよ~」という不敵な笑み&悪魔のささやきとまさにその通りになっていくわが子に翻弄される日々が始まったのです。

本当に最初は、そんなわけがない、自分の子供は女の子でおとなしい方だから…。まだ言葉もろくに言えないのにそんな主張などするわけがない…。

そんな風にどこか他人事のように思っていました。しかし、わが子は期待を大きく裏切り私にとってもイヤイヤと放棄したくなるような反応を見せてきたのです。


イヤイヤ期かもと思った子供の反応

言葉が片言しか言えない時期に何とか名前は認識できているに違いないのだが、名前を呼んでも「無い。」と言ったり、返事ができていたにもかかわらず急に返事をしなくなります。

洋服を着せようとすると体を横にするりと回転し逃げたり、履かせたはずの靴下や靴をポイポイと脱いでしまいます。

ご飯を食べてもらおうとエプロンをつけるとすぐとり、スプーンやフォークなどいつも使用する食器が同じであっても嫌と言って使いたがらないこともしばしばです。

おむつがぬれているであろうと交換を求めるも後ずさりして逃げるばかり。ほっておいてようやく変えようと捕まえるとまた嫌といって泣く始末です。

とにかくなにをするにも拒否の連発とこちらがしたことをゼロにする行動の数々です。

イヤイヤ期に違いないと思った時の子供の反応

何を言っても食い気味に嫌と発言し返してくるのです。これは完全にわかりやすいイヤイヤ期に突入したのだなということがわかります。

「情緒が不安定すぎるのでは?」と思うくらい、他者を受け入れずとにかく自分に触れないでくれの一点張りです。1人でいすぎても問題で、自分をもっと見てほしいかまってほしいとばかりにアピールをしてくるにもかかわらず、こちらが優しく接すると試しているような顔で嫌と言ってみたりします。

お友達と一緒にいても同じ年くらいであれば、互いにイヤイヤ期なので仲良く遊んでいられる時間も極めて少ないと言っても過言ではありません。

イヤイヤ期での子供の表情

全力で嫌と言ったりするのでとにかくゆがんだ印象しかありません。泣くことでイヤイヤを表現することもありますが、発言できる状況であればいくらでも悪魔のような顔も鬼のような目つきもできるのです。それがまた親の心をかき乱すのですが。

イヤイヤと言えない状況であれば、こちらも何が何だかわからないのでとにかくこじれてしまいます。なんでわからないんだと言わんばかりに顔をゆがませて体も激しくうごかしたりしながら主張します。とにかくただかわいかった幼児が悲しみや怒りを全面におしだしてくるのです。

もちろんイヤイヤ期だからといってそればかりではなく、楽しいときは楽しい、嬉しいときは嬉しいといった表現もありますが、それがかすんでしまうくらい頻度が高いのがゆがんだ表情かもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ