イヤイヤ期の子供のお風呂に困る!スキンシップで最高のひとときを

子供とのお風呂は、親にとっては、幸せを感じるひとときですよね。でもイヤイヤ期となれば話は別です。「入らなーい」と言って逃げ回るのを無理やり抱え込めば、大泣きして大暴れ。親もヘトヘトです。せっかくのリラックスタイムが、子供はぐずぐず、親はイライラなんてもったいないですよね。

イヤイヤ期の子供のお風呂について、本当はどうすればいいのでしょうか。今回は、イヤイヤ期のお風呂の対応方法についてお伝えします。


お風呂のイヤイヤはどうして?気をつけたい5つの理由

お風呂のイヤイヤにはいくつか理由があります。特にイヤイヤするような日は、なにか原因があるのかもしれません。その日の振り返りで原因を考えてみましょう。

  • 水が怖い、洗髪が嫌だ
  • お湯に強制的につからせる
  • 楽しくない、トラウマがある
  • 疲れている、眠い
  • 単なる自己主張

お風呂のイヤイヤの理由。トラウマがあることも

水が怖い、洗髪が嫌だ

お風呂で、水が急に顔や耳に入ったり、洗髪で嫌な思いをすると、子供が途端にお風呂が嫌になったりすることがあります。でも、どうしてもそういうことは起きがちですよね。

お湯に強制的につからせる

子供は体温が高いので、親が気持ちいいと思う湯温では熱い場合があります。その上、長時間つかることを強制すると、子供にとっては苦痛でしかありません。もし、自分が熱くて出ようと思っているのに、上から押さえつけられたら、嫌ですよね。

楽しくない

子供は、1日全て楽しいことを探して生きています。なので、お風呂タイムが楽しくなければ、基本的にお風呂が嫌いになります。

疲れている、眠い

疲れていたり、眠いときは大人でもお風呂に入るのは嫌ですよね。子供も同じです。

単なる自己主張

イヤイヤの理由はなく、ただ主張したいだけ。「お風呂、入らなーい」と言って逃げ回る場合です。無理やり抱きかかえても大暴れしますし、かといって、体が汚れていたりすれば気になるのが親心ですよね。

入りたくない理由にどう対応する?無理しないで長い目で見て

疲れていたり、眠いときは、汚くても死なないし、ぐらいのスタンスで諦めましょう。どうしてものときは、お尻、手だけはシャワーで、顔は濡れタオルで拭いてあげるのも手です。

また、パパやおじいちゃんやおばあちゃんと入浴して、肩まで入りなさい、と強制的につからせるような体験があると、子供は入浴が嫌になります。心臓から上まであえて、つからなくても良いんだよ、と伝えておきましょう。客観的にわかってもらえるように、サイトなどから子供の入浴方法について書いてあるものをプリントして見せるのも一つの方法です。

トラウマがあるときや、単なる自己主張のときは、やはりお風呂が楽しいと思ってもらえるような工夫が必要ですね。お風呂のイヤイヤは、嫌いになった理由を克服しないと、後々困りますので、子供に無理をさせず、長い目で見てお風呂を好きになってもらうようにしましょう。

お風呂のイヤイヤどう対応する?遊びながらお風呂

お風呂に入ることが、苦手な子供には、お風呂タイムが楽しくなるような、工夫もしてみましょう。

好きな人形を連れていく

「お人形さんの体を洗ってあげようか」の誘い水は、成功率が高いです。

お洗濯ごっこ

「今日来ていた靴下とパンツ、お風呂の中でじゃぶじゃぶしようか」と洗濯ごっこをするのも良いですよ。

お風呂でしかできない水遊び

水鉄砲や、水弾きなどの手遊びも子供は大好きです。また、洗髪の泡で頭の形を変えてみたりするのも子供は好きですね。その際、目に泡が入らないように、入っても、すぐふけるようにタオルを用意しましょうね。

お風呂で使えるおもちゃをたくさん

高価なものである必要はありません。あいたペットボトルや、豆腐のパック、トレイ、などが良いおもちゃになります。穴があけられるようなものだと、シャワーのように使えて抵抗なく頭に水がかけられることもあります。

ママの体を洗ってとお願いする

「ママ、今日疲れちゃったから、○○ちゃん、おかあさんの体洗ってくれる?」とお願いすると、案外素直に「いいよー」と言って、率先してお風呂に行ってくれたりします。頼まれごとに対して、素直に対応してくれるのが子供の良いところです。頼りにされていることが嬉しいのですね。

お風呂拒否にほとほと困った時はこれ!

本当にお風呂を拒否して困っているときは、防水DVDプレイヤーを使うのも手です。あるいは、水泳グッズ、浮き輪や水中メガネを使ってプール気分で入ってもらうのもいいですよね。実際夏は、ビニールプールで遊ばせながら、体も洗うという方法もあります。

まとめ

とっても大変なイヤイヤ期ですが、いろいろなことを学習している時期でもあります。お風呂は、大切なスキンシップの時間。子供は本来お風呂が好きです。何かのきっかけでお風呂が嫌いになったなら、その理由があるはずです。親もその気持ちをくんで寄り添ってあげたいものですね。

つらい時期ではありますが、いつかは思い出して懐かしくなるもの。楽しく感じられる瞬間を大切にしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ